open

業務案内行政書士があなたの街の
ご相談にお応えします。

風俗営業編"

今回のお困りごと

スナックを開店したいが、
「風俗営業」の許可が必要なのか
教えてほしい

今回のポイント

許可が必要かどうかは
「接待」
がキーワードみたい。

  • その1

    風俗営業編その1

    ここは、コスモスタウンにある喫茶メモリー。
    まもる先生とユキマサくんが店に入ると、まもる先生の
    おばあさんとお客さんがなにやら話し合っています。

  • その2

    風俗営業編その2

    ユキマサ
    じいちゃん、あの人どうしたの?
    じいちゃん
    あの人がスナックを開くそうなんじゃが、風俗営業の許可が必要なのかどうか、わからないと言っているんだ。
    ユキマサ
    まもる先生なら、わかるかも!
  • その3

    風俗営業編その3

    まもる
    おばあちゃん、どうかされましたか?
    てるこ
    この人が、今度スナックを開くそうなんだけど、風俗営業の許可は必要なのかい?
    まもる
    必要になるか、どうかのポイントは『接待行為』なんですよ。
    ※飲食をさせる場合は、食品衛生法による飲食店の営業許可も必要となります。
  • その4

    風俗営業編その4

    まもる
    カウンター越しの接客は『接待行為』にはあたらないとされていましたが、最近ではお客と一緒に歌ったり、手拍子をうつと『接待行為』とみなされるんです。
  • その5

    風俗営業編その5

    まもる
    そのほかにも、一緒にカードゲームをすることやお客様の近くに座って談笑したり、お酌するなども接待にあたります。
    解釈が難しい部分もあるので、お店を開く前に、行政書士に相談してもらった方がいいですね。
  • その6

    風俗営業編その6

    ユキマサ
    そうなんだ!
    同じスナックでも『接待』をするかしないかで、風俗営業の許可が必要かどうか決まるんだね!
  • その7

    風俗営業編その7

    じいちゃん
    この間のお客さん、風俗営業の許可も受けて、無事開店できたそうだよ。
    ユキマサ
    開店前に行政書士に相談して良かったね。

CONTACT

お問い合わせ・ご相談はお電話より承っております。

092-734-5035平日 10:00~17:00

福岡県行政書士会 福岡中央支部事務局(冨田国際行政総合事務所内)