open

業務案内行政書士があなたの街の
ご相談にお応えします。

在留許可編

今回のお困りごと

国際結婚を考えている女性が
アメリカに住む彼を日本に呼ぶためにはどうすればいい?

今回のポイント

どうやら、
「在留許可」の申請
が必要になるみたい。

  • その1

    在留許可編その1

    ここは、コスモスタウン。
    猫社会で行政書士を目指しているユキマサが
    いつものようにコスモス通りを歩いていると、
    ネコのタマさんに声をかけられました。

  • その2

    在留許可編その2

    タマ
    実は、私のご主人が今度アメリカ人の彼と結婚することになったの。
    でも、日本で一緒に暮らす場合、どうすればいいかわからなくて困っているみたい。心配だわ…。
    ユキマサ
    そうだ、まもる先生ならわかるかも!
  • その3

    在留許可編その3

    数日後、まもる先生の事務所にタマさんのご主人がやってきました。
    アメリカにいる彼をこちらに呼び寄せる手続きについて相談をしているよう…。

  • その4

    在留許可編その4

    まもる
    ふむふむ、なるほど。
    彼を日本に呼ぶためには、まず双方の国で婚姻手続きを済ませた後、在留資格認定証明書の交付申請手続が必要です。
  • その5

    在留許可編その5

    まもる
    証明書が交付されるので、それを提示し、アメリカにある日本領事館で査証の発給を受けてください。そうすれば、彼を日本に呼ぶことができますよ。
    ※ただし、査証があっても入国できない場合があるので注意が必要です。
  • その6

    在留許可編その6

    ユキマサ
    そうなんだ!
    これでタマさんもご主人と一緒にコスモスタウンで暮らせるね!
  • その7

    在留許可編その7

    タマ
    ユキマサくん、ありがとう!
    これでみんなと一緒に暮らせるわ!
    ユキマサ
    タマさんのお手伝いができてよかった!

CONTACT

お問い合わせ・ご相談はお電話より承っております。

092-734-5035平日 10:00~17:00

福岡県行政書士会 福岡中央支部事務局(冨田国際行政総合事務所内)